ほぼPython

Not技術ブログBut勉強ブログ 内容には誤りがあることが多いです

【就活終了】第一志望のIT企業で働けることになった

自己紹介

こんにちは。やなぎです。なかふくと名乗ったり、はんぺんと名乗ったり、ハンドルネームは安定してません。

この度、第一志望であるA社さんから内○定をいただいたので、いろいろまとめておきたいと思います。

軽く自己紹介をすると、僕は田舎の大学院に通っている大学院生です。

大学院では情報系を専攻しています。今話題のAI(人工知能)の研究をしてます。

ちなみに、僕が通っている大学院は全国的な知名度はあまりないです。

明治大学(明大)にぼろ負けしてるくらいのところです。

さて、早速ですが、自分の活動を振り返ってみようと思います。

 

就活開始(2020年2月中旬〜)

僕は自分のやりたい研究がしたくて大学院に進学しました。アカデミック分野で活躍したいと思っていたんですよね。そのため、就職には否定的な気持ちでした。就職したら負けとさえ思ってました。

 

しかし、そうは言っても、全く就活せずに研究ばかりするのは良くないですよね。

そこで、実力試しも兼ねて、プログラミングを使う有給インターンシップに参加してみることにしました。2020年の2月ごろに某IT企業A社さんの有給インターンに応募したところ、見事に合格し、インターンとしてちょっとした業務を担うことになりました。

 

インターン中は思っていた以上に活躍できました。僕はあまりプログラミングスキルが高くないんですけど、そんな僕でも社員の方から高い評価をもらうことができました。

そして、インターン後のフィードバック面談の際、特別ルートでの選考が紹介されました。それは、次回は最終面接というびっくりする内容でした。

 

これは素直に嬉しかったです。しかも、インターンをしていて、この会社なら自分のやりたいことが(比較的)やれるなぁと感じていたんですよね。それに加え、大学と違ってお金も貰えます。

 

お金とやりたいことのバランスを考えた結果、大学に残るよりも「お金をもらいながら(比較的)やりたいことをやる」方が幸せなんじゃないかと思うようになり、これをきっかけに本格的に就職活動をスタートさせました。

このとき2月の下旬でした。僕の周りの人(夏からやってる)に比べると、かなり遅いスタートでした。 

 

就活本格化(2020年3月上旬〜)

インターンに参加したA社さんから特別ルートをいただきましたが、人事の方には「業界理解を深めるという意味でも、他の企業も見ておきなね。その上でうちを選んでくれたら嬉しい」と言われました。たしかに僕は業界のことなど全然知りませんでした。そこで、3月に入ってからいくつかの企業の説明会に参加しました。

 

ただ、僕の気持ちとしてはA社さんで働きたい!という感じだったので、説明会に行く程度ではその気持ちは変わらず、業界について少し詳しくなったかなという感じでした。

 

一応、説明会に参加した企業の何社かにはエントリーしましたが、普通に面接で落ちたりして、「俺を落とすなんてこの企業の面接担当者は見る目なさすぎだろwww」と、いかにも就活生らしい開き直りをツイッター上でしてました。開き直りと言いながら、結構本心ですが。

 

そして、内○定へ(2020年3月下旬〜)

そうこうしているうちにA社さんから連絡があり、最終面接の案内が来ました。

最終面接ではハッカソンで最優秀賞を受賞したことや、IT企業で学生エンジニアとしてアルバイトしていた経験自分の制作物がツイッターでバズってトレンド3位になった話などをしてイキリ倒しました。終始ウェルカムモードだったので、一切緊張することなく、楽しく自分語りできました。っていうか「ツイッターでトレンド3位」が伝わる方でよかったなぁと思います。

 

面接を受けてすぐに、ぜひうちで働いて欲しいとの連絡をいただきました。僕自身、ぜひともA社さんで働きたいと思っていたのでその意思を伝え、事実上(よっぽどの何かがない限り)2021年の春からA社さんで働くことになりました。

 

こんなご時世なので、念の為にも別の企業の選考も進めますが、気持ち的にはほぼ終了という感じです。

 

感想など

就活ってもっと大変なものなのだと思っていましたが、僕の場合は2020年の2月に就活をはじめ、3月末には内々定をいただけたので、一ヶ月ちょっとで終わってしまいました。IT業界ということもあり、スーツを着ることもなかったので、なんだか本当に就活したのか?!という気持ちです。

ただ、これも全部、インターンに参加したからだと思います。本当にインターン参加しておいてよかったです。

インターンは本当にオススメです。特に、ちゃんと業務に携われるタイプのやつです。

自分の能力を相対的に知ることができますし、会社の雰囲気も多少わかります。有給ならお金ももらえるし、活躍すれば特別選考も案内してもらえます。

技術力をある程度持っている方は、ぜひ、インターンに参加してみることをオススメします。

 

以上で報告は終わりとなります。来年の入社に備えてさらなるスキルアップを目指し勉強や制作を続けていきたいと思います。ではまた。

f:id:short_4010:20190825212233p:plain