ほぼPython

Not技術ブログBut勉強ブログ 内容には誤りがあることが多いです

プログラミングが出来ると人生得する

久しぶりの更新です。

 

今日は、プログラミングのおかげで人生得した経験について書いていこうと思います。

 

人生得したと言うといろいろありますが、特に「プログラミングできない人は手動でやるんだろうけど、俺はプログラミングできるからコードにやらせます(ドヤ顔)」みたいな事例に絞ります。

 

あ、とは言っても僕のプログラミングレベルは趣味程度なのでそこまですごいことはできません、つまり、そこまでインパクトのあるエピソードはありません。そこはご了承ください。

 

1. 学校から与えられたシミュレーションソフトに不備があったので自分で作ったらテストが免除になった

 

えー、これはですね。大学から河川を流れる汚染物質の拡散シミュレーションソフト(Flash)が配布されました。シミュレーションと言っても、ちょっとした方程式に則って、時間と距離を変数として汚染物質の濃度が三次元グラフとして表示できるようなものでした。

 

しかし、このソフトにちょっとしたバグがあり、イライラしたのでJavaScriptで同じようなことが出来るアプリケーションを作成しました。

バグがない点を除けば、劣化版コピーみたいなものです。

しかし、せっかく作ったのでレポートでさりげなくアピールはしました。

 

その結果、定期試験前に先生からメールが来て「君はよく頑張ったからテスト受けなくて良いよ!成績はSだよ!」と言われました。自分スゲーーってなりました。まぁ友達いないんでこの喜びを誰とも共有できなかったんですけどね。

 

2. 卒業研究の実験データの処理を自動化した

 

これはまさに「退屈なことはpythonにやらせよう!」って感じです。卒業研究では、化学センサの作製を試みていたのですが、センサの出力データをエクセルに移してグラフ化するという作業がありまして、1回やっただけで嫌になりました。そこで、その作業をpythonで自動化しました。これにより実験後のデータ処理の時間が大幅に短縮され、卒業研究の間も比較的時間にゆとりのある暮らしをすることができました。空いた時間にひたすらバラエティを見てました。生産性はゼロでしたね、はい。

 

3. ホームページの単調な修正をせずに済んだ

 

これは本日の出来事です。研究室のホームページの単調な修正をお願いされてしまいました。その修正というのは研究室から出している論文の書式の変更です。特に名前の部分を変更してくれとお願いされてしまいました。論文全部で300本ほどあり、その中に著者が何名もいるのでこれをチマチマと書き換えていたら日が暮れてしまいます。

 

そこで、pythonの出番です。(?)

pythonでHTMLの書き換えたい部分を抜き出して、正規表現を使って名前の部分を整形し、元に戻すというような処理をさせればすぐに終わります。

 

 

しかし、、、!

 

悲しいことにここ半年ほどまともにpythonを使っていなかったのですっかり忘れてしまっていました。残念!

 

そこで、バイトでも使っていたJavaScriptの力を借りることにしました。JSの方も3ヶ月くらいまともなコードを書いてはいなかったので、悪戦苦闘したものの、書き換えに成功しました。

単純に書き換えていたらもっと長い時間がかかったことが予想されますし、単純労働なので非常にキツかったと思います。そんなめんどくさい作業をプログラミングで出来たのは達成感ありましたね。

 

まとめ

以上3つが、プログラミングができたおかげで得したことです。たぶんもっと高度なことができるようになるともっと何かを解決するのに役立つんだと思います。いやはや、プログラミングとは素晴らしいですね(python勉強しなおせ)