ほぼPython

Not技術ブログBut勉強ブログ 内容には誤りがあることが多いです

プログラミングバイト、結構ツライ。

現在、Web系の企業でプログラミングおよびコーディングのバイトしてますが、2回に1回はツライ思いをします。

 

そのツライ思いの理由は単に自分の知識不足なことがほとんどで、しっかり勉強し直さなければいけないなと思い深く反省しております。

 

ただ、それ以外にも「あぁ、こういうことがあるんだなぁ」と思ったことが2点ありますので、その点について書いておこうと思います。(丁寧語終わり)

 

 

1. 「どれくらいで出来そう?」には長めに答えるべきだった話

 

とあるサイトのデモページを作成するようにお願いされた。HTML/CSSによるコーディングおよびJavaScriptによるちょっとした機能の追加という内容だった。

 

その際、「どれくらいで出来そう?」と聞かれたので、自分の能力を評価してもらうためにも、余裕を持って答えるのは良くないなと思い、きっと終わるだろう、くらいの時間で答えた。

 

作業は順調に進んでいた。このペースなら自分で宣言した時間よりも早く終わりそうだった。

 

しかし、そこで、別の社員の方が〇〇は△△にした方が良いとアドバイスをくれた。

 

そのアドバイスは非常にためになる内容だったし、実際のページではそのような処理になっていることがほとんどのようだ。

 

しかし、残念ながら自分が書いていたコードでそれを変更すると、すでに書いた部分の3割ほどを変更しなければいけない状況だった。

 

「時間がヤバイな」そう思いながらも、よろしくないコードは書きなおすべきだと思い、書き直した。

 

その結果、残念ながら宣言した時間内に終わらず、社員の方から「どう?」と様子を聞かれるハメになってしまった。

 

もちろん、まだ新人の僕に対して、かなり優しく接してくれているが、そりゃ内心では「おい!この無能!てめー自分で〇時間で終わるって言ったよな?そんくらいの作業さっさと終わらせろよ!」と、思っていたに違いない。そう思うと非常に情けない。ダサい!かっこ悪い!

 

コードを書いている途中で他の方からのアドバイスなどにより時間が伸びてしまう可能性があるのでそこも見越して「どれくらいかかりそう?」という問いにはある程度の余裕を持って答えるべきなのだなと感じた。

(まぁそもそもアドバイスの余地があるコードを書くことが問題なのだが)